一般社団法人を設立する場合、出資は必要ですか?

不要です。


株式会社を設立する場合には、発起人は出資をしなければいけませんが、一般社団法人の設立の場合、設立時社員は出資をする必要はありません。

つまり、誤解を恐れずに言いますと、一般社団法人を設立する場合、株式会社で言うところの資本金はありませんので、0円で設立が可能です。

しかし、出資をしなくていいと言っても、法人として活動するにはお金が必要です。
そのため、一般社団法人には「基金制度」というものを設けることができます。

  1. 一般社団法人の『社員』とはなんですか?
  2. 一般社団法人の『社員』と『会員』の違いはなんですか?
  3. 一般社団法人を設立する場合、出資は必要ですか?

お気軽にご相談ください

会社のこと、不動産のこと、相続・遺言のこと、家族信託のこと、その他お悩みのこと。

完全予約制

お電話でのご予約受付:042-850-9737(平日8:30~21:00/土日10:00~18:30)

メールでのご予約・お問合せ(24時間受付中)

土日祝日相談、早朝・夜間相談、当日相談、出張相談

無料メール法律相談24時間受付中!

メールでの無料法律相談!お気軽にご利用ください。