よくある質問

  1. 任意整理では債権者と必ず和解できますか?
  2. 受託者が借り入れをした債務は、債務控除できますか?
  3. 親が離婚した場合、親権者ではない親の財産を相続することはできますか?
  4. 遺書と遺言書の違いは何ですか?
  5. 会社設立時、会社の印鑑は何を作成すればいいですか?
  6. 借金がいくらあれば自己破産できますか?
  7. 定款認証はどこの公証役場で行えばいいですか?
  8. 相続人が複数いる場合、遺言を残すことでその内の一人にだけ相続させることはできますか?
  9. 資本金はいくらにすればいいですか?
  10. 委託者が死亡した場合、委託者の地位は相続されますか?
  11. 遺言で自分の子供を飛ばして孫に直接相続させることはできますか?
  12. 任意整理をすると保証人に請求がいきますか?
  13. 受託者が死亡した場合、信託はどうなりますか?
  14. 遺言と異なる内容の相続(遺産分割協議)はできますか?
  15. 住宅用家屋証明書とは?
  16. 受益者にとって不利な信託の変更等が行われた場合、受益者として対抗する方法はありますか?
  17. 消費者金融やクレジット会社との契約書がないのですが、債務整理できますか?
  18. 半年前や1年前に認証した定款でも会社設立はできますか?
  19. エンディングノートに書いた遺言は有効ですか?
  20. 『未成年者』や『認知症』で判断能力のない者でも受益者になれますか?
  21. 登記済権利証(又は登記識別情報)が見当たらないのですが、再発行することはできますか?
  22. 兄弟姉妹が相続人になる場合、相続登記で必要になる戸籍は?
  23. 信託開始後、受益者を変更することはできますか?
  24. 借金を滞納し続けるとどうなりますか?
  25. 認知症になってからでも家族信託は利用できますか?
  26. 遺産分割協議は相続人全員が一堂に会して行う必要がありますか?
  27. 信託財産は遺産分割協議や遺言書の対象財産となりますか?
  28. 目的信託とはどのような信託ですか?
  29. 会社名義の銀行口座はいつ開設すればいいですか?
  30. 借金をした理由がギャンブルや浪費でも任意整理できますか?
  31. 相続人が存在しない場合、相続財産はどうなりますか?
  32. 委託者が破産する前に、家族信託の倒産隔離機能を利用すれば財産は守れますか?
  33. 発起人が複数人いる場合の資本金の払い込み方法
  34. 自己破産をすると学資保険はどうなりますか?
  35. 『所有者の死亡(相続)』と『抵当権抹消登記』の関係
  36. 取締役会設置会社において、代表取締役を株主総会で選定することはできますか?
  37. 車は仕事や生活上どうしても必要なのですが、車を残したまま債務整理できますか?
  38. 民事信託(家族信託)と商事信託はどっちを利用すればいいですか?
  39. 故人の銀行口座が凍結される前に預金を引出しても大丈夫ですか?
  40. 一部の債権者だけ任意整理することは可能ですか?
  41. 相続人に意思能力が不十分な者(認知症、知的障害、精神障害)がいるのですが、その者を抜かして遺産分割協議をしても大丈夫ですか?
  42. 遺産分割協議は相続人全員でする必要がありますか?
  43. 受益者複数の場合の税務(贈与税)について教えてください。
  44. 【離婚】『離婚届の提出』と『離婚協議(離婚協議書の作成)』はどちらを先にすればいいですか?
  45. 受託者は『信託監督人』や『受益者代理人』になれますか?
  46. 『遺贈による所有権移転登記』の必要書類はなんですか?
  47. 債務整理をするとブラックリストに載りますか?
  48. 法人(会社等)は発起人になれますか?
  49. 一般社団法人を設立する場合、出資は必要ですか?
  50. 遺言で『遺言執行者』を定める場合に、なにか注意すべきことはありますか?

お気軽にご相談ください

会社のこと、不動産のこと、相続・遺言のこと、家族信託のこと、その他お悩みのこと。

完全予約制

お電話でのご予約受付:042-850-9737(平日8:30~21:00/土日10:00~18:30)

メールでのご予約・お問合せ(24時間受付中)

土日祝日相談、早朝・夜間相談、当日相談、出張相談

無料メール法律相談24時間受付中!

メールでの無料法律相談!お気軽にご利用ください。