よくある質問

  1. 遺産分割協議書は自分で作成できますか?
  2. 離婚前に財産分与による不動産の名義変更登記はできますか?
  3. 一般社団法人の設立は1人でできますか?
  4. 成年後見人が遺産分割協議に参加する場合の注意点②
  5. 成年後見人が遺産分割協議に参加する場合の注意点①
  6. 会社設立の登記申請はどこの法務局にすればいいですか?
  7. 任意整理をすると借金は減額されますか?
  8. 未成年者は相続放棄できますか?
  9. 無職(専業主婦など)でも債務整理できますか?
  10. 銀行系のカードローンやクレジットカードを債務整理(任意整理)する際の注意点
  11. 会社設立の定款認証はどこの公証役場で行えばいいですか?
  12. 再転相続における相続放棄の熟慮期間
  13. 債務整理をしても今使っているクレジットカードは残せますか?
  14. 遺言による相続登記の必要書類(兄弟姉妹が相続する場合)
  15. 会社の商号にスペース(空白)を入れることはできますか?
  16. 法人(会社)が発起人の場合の定款認証における必要書類
  17. 借り入れをしてすぐに債務整理できますか?
  18. 抵当権抹消登記を放置していた場合の対処方法(代理権不消滅)
  19. 住居表示実施がされている場合の抵当権抹消登記
  20. 中国在住の中国人の会社設立
  21. タイ人の印鑑証明書・サイン証明書
  22. 会社設立日を土日祝日に設定できますか?
  23. 共有名義の不動産の抵当権抹消登記の依頼は、共有者全員で行かないとダメですか?
  24. 家賃を滞納した場合は債務整理できますか?
  25. 会社設立で未成年者は発起人(出資者)になれますか?
  26. 住宅ローンを完済したら何をすればいいですか?
  27. 相続手続きを全て一括でお願いできますか?
  28. 各種書類の英訳の依頼はできますか?
  29. 時効が成立すれば借金を返さなくてもいいですか?
  30. 離婚協議における養育費を払わない合意は有効ですか?
  31. 会社設立の出資金は外貨で支払うことはできますか?
  32. 会社設立の資本金の払込み先は信託銀行でも大丈夫ですか?
  33. 家族信託における受益者代理人はどのような場合に定めておくといいですか?
  34. 奨学金は任意整理できますか?
  35. 相続放棄はどこの裁判所に申し立てればいいですか?
  36. 会社設立の資本金の払込口座は、外国銀行でも大丈夫ですか?
  37. 家族信託の受託者が死亡した場合、受託者の地位は相続されますか?
  38. 相続人や受遺者が相続手続きをしないまま死亡した場合はどうなりますか?
  39. 任意整理をすると取立ては止まりますか?
  40. 名前をローマ字表記で登記できますか?(外国人の会社設立)
  41. 受託者を2人選任することはできますか?
  42. 受託者が死亡した場合、なにをすればいいですか?
  43. 相続財産の一部だけを相続放棄できますか?
  44. 身寄りがいない場合、相続手続きは誰がやるの?
  45. 抵当権抹消登記に期限はありますか?
  46. 家族が勝手に本人の借金を債務整理できますか?
  47. 家族信託(民事信託)をして財産が受託者名義になった場合、受託者に贈与税や不動産取得税はかかりますか?
  48. 過払い金返還請求は自分でもできますか?
  49. 預貯金の解約・払戻し手続きをした後に相続財産に借金があることが判明しました。相続放棄できますか?
  50. 相続登記とは?
  51. 不動産の名義変更登記は、その不動産がある地域の司法書士に依頼をしないとダメですか?
  52. 受託者は委託者の代わりに遺産分割協議に参加できますか?
  53. 離婚しても婚姻中の名字のままでいることはできますか?
  54. 不動産登記は自分でやってもいいの?
  55. 認知症でも遺言書を作成できますか?
  56. 家族信託(民事信託)を利用すれば、後見制度を利用する必要はないですか?
  57. 離婚した後でも離婚協議書は作成できますか?
  58. 相続人全員が相続放棄をしたら相続財産はどうなりますか?
  59. 相続放棄をしたら相続とは無関係になりますか?
  60. 税金や国保、年金も債務整理できますか?
  61. 資本金の額がすでに銀行口座にあるのですが、そのまま使えますか?
  62. 相続について家族で揉めないと思うので遺言書は残さなくていいですか?
  63. 会社の商号は英語表記できますか?
  64. 遺言代用信託とは?
  65. 取引先に会社設立をしたことを証明するものはありますか?
  66. まだ返済中でも過払い金の請求はできますか?
  67. 親の借金だけ相続放棄できますか?
  68. 権利証を紛失したら不動産の権利(所有権等)も失いますか?
  69. 抵当権抹消登記をしないとどうなりますか?
  70. 会社設立を自分でやる場合と依頼した場合の費用の比較
  71. 過去に完済した借金がありますが、過払い金の請求はできますか?
  72. 資産家やお金持ちじゃないと家族信託は利用できないですか?
  73. 遺言書の検認手続きの依頼は可能ですか?
  74. 遺言書の検認手続きとは何ですか?
  75. 資本金を振り込む銀行口座は新たに開設する必要がありますか?
  76. 相手が勝手にした借金も財産分与の対象になりますか?
  77. 過払い金が発生しているかどうか調べてもらえますか?
  78. 出資者や役員になる者が全員海外在住なのですが、会社設立できますか?
  79. 一般社団法人と株式会社はどちらが受託者に適していますか?
  80. 受託者を法人にするメリットは何ですか?
  81. 家族信託(民事信託)では、全ての財産を信託しなければいけないですか?
  82. 相続による名義変更をしない間に、相続人が死亡してしまった場合どうすればいいですか?
  83. 財産分与による所有権移転登記の必要書類
  84. 財産分与登記の際、元妻(夫)の名前や住所が変わっている場合に必要な登記は?
  85. 被相続人の最後の住所と登記簿上の住所が違う場合の相続登記
  86. 会社に複数人の代表者がいる場合、会社代表印は同一の印鑑を登録できますか?
  87. 受託者が判断能力の低下(認知症等)や病気になった場合、信託はどうなりますか?
  88. 会社設立に必要な資本金(出資金)は、どの口座に振り込めばいいですか?
  89. 相続人が一人の場合、相続登記に遺産分割協議書は必要ですか?
  90. 相続放棄の必要書類、費用や申立先は?
  91. 任意整理では債権者と必ず和解できますか?
  92. 受託者が借り入れをした債務は、債務控除できますか?
  93. 親が離婚した場合、親権者ではない親の財産を相続することはできますか?
  94. 遺書と遺言書の違いは何ですか?
  95. 会社設立時、会社の印鑑は何を作成すればいいですか?
  96. 借金がいくらあれば自己破産できますか?
  97. 定款認証はどこの公証役場で行えばいいですか?
  98. 相続人が複数いる場合、遺言を残すことでその内の一人にだけ相続させることはできますか?
  99. 資本金はいくらにすればいいですか?
  100. 委託者が死亡した場合、委託者の地位は相続されますか?

お気軽にご相談ください

会社のこと、不動産のこと、相続・遺言のこと、家族信託のこと、その他お悩みのこと。

完全予約制

お電話でのご予約受付:042-850-9737(平日8:30~21:00/土日10:00~18:30)

メールでのご予約・お問合せ(24時間受付中)

土日祝日相談、早朝・夜間相談、当日相談、出張相談

無料メール法律相談24時間受付中!

メールでの無料法律相談!お気軽にご利用ください。