異母兄弟(異父兄弟)は相続人になりますか?

ケースによっては異母兄弟(異父兄弟)も相続人になることはあります。

なお、異母兄弟(異父兄弟)とは父母のどちらか一方のみを同じくする兄弟姉妹のことを言い、“半血の兄弟姉妹”とも言います。
半血の兄弟姉妹の相続分は、全血の兄弟姉妹の相続分の半分です。

一方で、非嫡出子とは婚姻関係にない男女の間に生まれた子のことを言います。
非嫡出子の相続分は嫡出子の相続分と同等です。

以前は非嫡出子の相続分は嫡出子の半分とされていましたが、法改正によりと平成2595日以降に発生した相続(平成13年7月1日以後に開始した相続で、既に遺産分割が終了しているなど確定的なものとなった法律関係を除く相続)に関しては、嫡出子と非嫡出子の相続分は同じとされました。

 

参照
法務省:民法の一部が改正されました

 

これらは混同しやすいので、まとめていくつかケースを見てみましょう。

 

【異母兄弟(異父兄弟)や非嫡出子のいる相続分の具体例】
親が死亡したケース①(嫡出子のケース)
親が死亡したケース②(非嫡出子のケース)
親が死亡したケース③(非嫡出子のケース)
兄弟姉妹が死亡したケース①(異父兄弟・半血兄弟のケース)
兄弟姉妹が死亡したケース②(異母兄弟・半血兄弟のケース)
まとめ

 


親が死亡したケース①(嫡出子のケース)

父死亡。
父には母と子AB
父には前妻との間に子Zがいる。


上記の場合、Zは父の嫡出子です。

つまり、父の法定相続人は「母(相続分6分の3)」と「子AB(相続分各6分の1)」と「子Z(相続分6分の1)」です。

 

※ 子ABから見れば、Zは異父兄弟(半血兄弟)ですので、「Zの相続分は子ABの半分ではないの?」と思うかもしれませんが、本ケースでは被相続人は父なので、異父兄弟(半血兄弟)の概念は出てきません。
異父兄弟(半血兄弟)の相続分が問題になるのは、兄弟姉妹の相続(下記【兄弟姉妹が死亡したケース①②】)の場合です。

 

親が死亡したケース②(非嫡出子のケース)

父死亡。
父には母と子AB
父には以前の内縁の妻との間に認知していない子Zがいる。

上記の場合、父の法定相続人は「母(相続分4分の2)」と「子AB(相続分各4分の1)」です。

Zは非嫡出子となりますが、被相続人である父から認知されていないので相続権はありません。

 

親が死亡したケース③(非嫡出子のケース)

父死亡。
父には母と子AB
父には以前の内縁の妻との間に認知してる子Zがいる。

上記の場合、父の法定相続人は「母(相続分6分の3)」と「子AB(相続分各6分の1)」と「子Z(相続分6分の1)」です。

Zは非嫡出子ですが父から認知されているので相続人となります。

 

兄弟姉妹が死亡したケース①(異父兄弟・半血兄弟のケース)

A死亡。
Aは独身で子供がいない。
Aの父母も死亡している。
Aには兄が1人いる。
Aの父には前妻との間に子Zがいる。 

上記の場合、Aには相続第一順位である子供がおらず、第二順位である親もいないため、第三順位である兄弟姉妹が相続人になります。

また、Zは異父兄弟(半血の兄弟)です。

つまり、Aの法定相続人は「兄(相続分3分の2)」と「Z(相続分3分の1)」です。

 

兄弟姉妹が死亡したケース②(異母兄弟・半血兄弟のケース)

A死亡。
Aには配偶者がいるが子供がいない。
Aの父母も死亡している。
Aには兄が1人いる。
Aの母には前夫との間に子Zがいる。

上記の場合、Aには相続第一順位である子供がおらず、第二順位である親もいないため、第三順位である兄弟姉妹が相続人になります。

また、ZAからすると異母兄弟(半血の兄弟)です。
なお、配偶者は常に相続人になります。

まり、Aの法定相続人は「配偶者(相続分12分の9)」と「兄(相続分12分の2)」と「Z(相続分12分の1)」です。



まとめ

いかがでしたでしょうか?

異母兄弟(異父兄弟)、半血の兄弟姉妹、嫡出子、非嫡出子など、多くの身分関係があり、被相続人が誰かによってもその見方は異なってきます。

法定相続人が誰なのか、そしてその相続割合はどうなっているのかは慎重に見極める必要があります。 

遺産分割協議は相続人全員によって行う必要がありますし、法定相続分がいくらなのかによっても相続の内容が変わってくるはずです。

その判断は一見簡単なようですが、実は奥が深い部分でもありますので、お近くの司法書士に相談することをおススメいたします。

 

 

  1. 相続分の譲渡とは?
  2. 端株(単元未満株)を相続したんですが、どうすればいいですか?
  3. 自筆証書遺言とは?
  4. 公正証書遺言とは?
  5. 一度書いた遺言書は撤回できますか?
  6. 遺言書を書いた場合は家族に伝えた方がいいですか?
  7. 遺言書はなにを書いても有効ですか?
  8. 遺留分とはなんですか?
  9. 遺留分減殺請求とはなんですか?
  10. 相続登記の必要書類を教えてください。
  11. 相続が発生した場合の限定承認って何ですか?
  12. 再婚相手の連れ子の相続権はどうなりますか?
  13. 自筆証書遺言の保管方法はどうすればいいですか?
  14. 親が離婚した場合、子供の相続権はどうなりますか?
  15. 代襲相続とはなんですか?
  16. 数次相続とはなんですか?
  17. 相続欠格事由にはどんなものがありますか?
  18. 知り合いやお世話になった人に遺産をあげることはできますか?
  19. 負担付遺贈とはなんですか?
  20. ペットのために財産を残すことはできますか?
  21. 失踪宣告とはどのような制度ですか?
  22. 預貯金や株、投資信託などの口座解約・払戻し手続きを依頼することはできますか?
  23. 遺言書はいつどのタイミングで作成すればいいですか?
  24. 相続する財産が自宅(土地と建物)しかないのですが相続対策は必要?
  25. 兄弟姉妹の配偶者が親と養子縁組をした場合の相続はどうなりますか?
  26. 養子縁組後、養子は実親の相続について相続人になりますか?
  27. 相続人に未成年者がいる場合の遺産分割協議
  28. 相続財産(遺産)がわからない場合どうすればいいですか?
  29. 遺言書に遺言執行者の定めは必要ですか?
  30. 遺言で遺言執行者を定める場合に注意すべきことは?
  31. 遺産分割協議は相続人全員でする必要がありますか?
  32. 認知症、知的障害、精神障害のある者を抜かして遺産分割協議をしても大丈夫?
  33. 故人の銀行口座が凍結される前に預金を引出しても大丈夫ですか?
  34. 相続人が存在しない場合、相続財産はどうなりますか?
  35. 遺産分割協議は相続人全員が一堂に会して行う必要がありますか?
  36. 兄弟姉妹が相続人になる場合、相続登記で必要になる戸籍は?
  37. エンディングノートに書いた遺言は有効ですか?
  38. 遺言と異なる内容の相続(遺産分割協議)はできますか?
  39. 遺言で孫に直接相続させることはできますか?
  40. 相続人が複数いる場合、遺言を残すことでその内の一人にだけ相続させることはできますか?
  41. 遺書と遺言書の違いは何ですか?
  42. 親が離婚した場合、親権者ではない親の財産を相続することはできますか?
  43. 相続放棄の必要書類、費用や申立先は?
  44. 相続人が一人の場合、相続登記に遺産分割協議書は必要ですか?
  45. 被相続人の最後の住所と登記簿上の住所が違う場合の相続登記
  46. 相続による名義変更をしない間に相続人が死亡した場合どうすればいいですか?
  47. 遺言書の検認手続きとは何ですか?
  48. 遺言書の検認手続きの依頼は可能ですか?
  49. 親の借金だけ相続放棄できますか?
  50. 相続について家族で揉めないと思うので遺言書は残さなくていいですか?
  51. 相続放棄をしたら相続とは無関係になりますか?
  52. 相続人全員が相続放棄をしたら相続財産はどうなりますか?
  53. 認知症でも遺言書を作成できますか?
  54. 相続登記とは?
  55. 預貯金の解約払戻し後に借金があることが判明。相続放棄できますか?
  56. 身寄りがいない場合、相続手続きは誰がやるの?
  57. 相続財産の一部だけを相続放棄できますか?
  58. 相続人や受遺者が相続手続きをしないまま死亡した場合はどうなりますか?
  59. 相続放棄はどこの裁判所に申し立てればいいですか?
  60. 相続手続きを全て一括でお願いできますか?
  61. タイ人の印鑑証明書・サイン証明書
  62. 再転相続における相続放棄の熟慮期間
  63. 未成年者は相続放棄できますか?
  64. 成年後見人が遺産分割協議に参加する場合の注意点①
  65. 成年後見人が遺産分割協議に参加する場合の注意点②
  66. 遺産分割協議書は自分で作成できますか?
  67. 口がきけない(喋れない)者でも遺言書を作成できますか?
  68. 字が書けなくても遺言書は作成できますか?
  69. 相続人がわからない場合の調査方法
  70. 遺産分割協議のやり直しはできますか?
  71. 死亡した者(被相続人)が生命保険に入っていたか調査できますか?
  72. 異母兄弟(異父兄弟)は相続人になりますか?
  73. 相続手続きはまず何をすればいいですか?
  74. 相続登記義務化が始まるまでに相続登記をしなければいけませんか?

相談予約受付中

完全予約制

お電話でのご予約受付:042-816-3207(平日9:30~19:00)

メールでのご予約・お問合せ(24時間受付中)

土日祝日相談、早朝・夜間相談、当日相談、出張相談

司法書士法人まちたま 多摩センター事務所
民事信託・家族信託のまちたま相談所
円満相続トータルサポート

お気軽にご相談ください

会社のこと、不動産のこと、相続・遺言のこと、家族信託のこと、その他お悩みのこと。

完全予約制

お電話でのご予約受付:042-816-3207(平日9:30~20:00)

メールでのご予約・お問合せ(24時間受付中)

土日祝日相談、早朝・夜間相談、当日相談、出張相談