相続が発生した場合の「限定承認」って何ですか?

例えば、父親が亡くなった場合、父親の財産について残された家族(相続人)には次の3つの選択肢があります。

単純承認
相続放棄
限定承認

 

単純承認と相続放棄に関してものすごく簡単に言いますと、単純承認とは父親の財産を全部相続する相続放棄とは父親の財産を全部相続しないということです。(詳しくは相続・遺言のページをご覧ください。)

 

そして、あまり聞きなれない「限定承認」という選択肢もあります。

限定承認とは、相続によって得たプラスの財産(預貯金等)の限度においてのみ、被相続人の債務を返済すればいい、という相続の方法です。

つまり、相続はするけど、もし債務(負債)がたくさんあるようなら、相続したプラスの財産の範囲内でしか返済しないですよ、というものです。

「亡くなった父親の不動産や預貯金等のプラスの財産がどのくらいあるのか判明していないし、債務(負債)もどのくらいあるのかわからない。単純承認してから多額の負債が発覚しても嫌だし、相続放棄した後に多くのプラスの財産の存在が明らかになったら後悔しそうだし・・・」

というようなプラスの財産もマイナスの財産もどのくらいあるのか不明な場合には限定承認を検討してみてもいいかもしれません。

 

限定承認をした結果

プラスの財産が1000万円、マイナスの財産(負債)が300万円あったと判明した場合

相続人は債務300万円を返済して、700万円を相続することができます。


プラスの財産が400万円、マイナスの財産(負債)が1000万円あったと判明した場合

相続人はプラスの財産の限度(400万円)だけ支払えば、残りの600万円の返済をする必要はありません。

 

 限定承認の利用状況

限定承認は実務ではほとんど利用されていない現状があります


限定承認は相続人全員で行う必要があるため、相続人の内の誰か一人でも単純承認や相続放棄を行った場合には限定承認を利用することができません。

また、相続放棄などと違って、限定承認をすると「官報公告・清算手続き」相続債権者及び受遺者しなければいけないので、その分の手間と費用がかかってしまいます。

らに、限定承認をした結果、まだ弁済期の到来していない債権(まだ返済しなくてもいい債権)があった場合でも弁済をする必要がありますし、相続債権者等に対する返済は一括返済が基本です。

なお、限定承認をした結果、債務が判明し、被相続人のプラスの財産である不動産等を換価処分して返済するような場合、準確定申告の必要性やみなし譲渡所得税の発生など、税務面での負担も増えてしまいます。

 

限定承認を利用する場合には、司法書士や税理士等の専門家に相談することをオススメします。

 

 

 

◆参考条文◆
民法922条~937

  1. 相続分の譲渡とは?
  2. 端株(単元未満株)を相続したんですが、どうすればいいですか?
  3. 自筆証書遺言とは?
  4. 公正証書遺言とは?
  5. 一度書いた遺言書は撤回できますか?
  6. 遺言書を書いた場合は家族に伝えた方がいいですか?
  7. 遺言書はなにを書いても有効ですか?
  8. 遺留分とはなんですか?
  9. 遺留分減殺請求とはなんですか?
  10. 『相続登記』の必要書類を教えてください。
  11. 相続が発生した場合の「限定承認」って何ですか?
  12. 再婚相手の連れ子の相続権はどうなりますか?
  13. 自筆証書遺言の保管方法はどうすればいいですか?
  14. 親が離婚した場合、子供の相続権はどうなりますか?
  15. 代襲相続とはなんですか?
  16. 数次相続とはなんですか?
  17. 相続欠格事由にはどんなものがありますか?
  18. 自分の死後、知り合いやお世話になった人に遺産をあげることはできますか?
  19. 負担付遺贈とはなんですか?
  20. ペットのために財産を残すことはできますか?
  21. 失踪宣告とはどのような制度ですか?
  22. 預貯金や株、投資信託などの口座解約・払戻し手続きを依頼することはできますか?
  23. 遺言書は、いつどのタイミングで作成すればいいですか?
  24. 相続する財産が自宅(土地と建物)くらいしかないのですが、相続対策は必要ですか?
  25. 兄弟姉妹の配偶者が親と養子縁組をした場合の相続はどうなりますか?
  26. 養子縁組後、養子は実親の相続について相続人になりますか?
  27. 相続人に未成年者がいる場合、遺産分割協議はどうすればいいですか?
  28. 相続財産(遺産)がどのくらいあるのかわからない場合、どうすればいいですか?
  29. 遺言書に『遺言執行者』の定めは必要ですか?
  30. 遺言で『遺言執行者』を定める場合に、なにか注意すべきことはありますか?
  31. 遺産分割協議は相続人全員でする必要がありますか?
  32. 相続人に意思能力が不十分な者(認知症、知的障害、精神障害)がいるのですが、その者を抜かして遺産分割協議をしても大丈夫ですか?
  33. 故人の銀行口座が凍結される前に預金を引出しても大丈夫ですか?
  34. 相続人が存在しない場合、相続財産はどうなりますか?
  35. 遺産分割協議は相続人全員が一堂に会して行う必要がありますか?
  36. 兄弟姉妹が相続人になる場合、相続登記で必要になる戸籍は?
  37. エンディングノートに書いた遺言は有効ですか?
  38. 遺言と異なる内容の相続(遺産分割協議)はできますか?
  39. 遺言で自分の子供を飛ばして孫に直接相続させることはできますか?
  40. 相続人が複数いる場合、遺言を残すことでその内の一人にだけ相続させることはできますか?
  41. 遺書と遺言書の違いは何ですか?
  42. 親が離婚した場合、親権者ではない親の財産を相続することはできますか?
  43. 相続放棄の必要書類、費用や申立先は?
  44. 相続人が一人の場合、相続登記に遺産分割協議書は必要ですか?
  45. 被相続人の最後の住所と登記簿上の住所が違う場合の相続登記
  46. 相続による名義変更をしない間に、相続人が死亡してしまった場合どうすればいいですか?
  47. 遺言書の検認手続きとは何ですか?
  48. 遺言書の検認手続きの依頼は可能ですか?
  49. 親の借金だけ相続放棄できますか?
  50. 相続について家族で揉めないと思うので遺言書は残さなくていいですか?

お気軽にご相談ください

会社のこと、不動産のこと、相続・遺言のこと、家族信託のこと、その他お悩みのこと。

完全予約制

お電話でのご予約受付:042-850-9737(平日8:30~21:00/土日10:00~18:30)

メールでのご予約・お問合せ(24時間受付中)

土日祝日相談、早朝・夜間相談、当日相談、出張相談

無料メール法律相談24時間受付中!

メールでの無料法律相談!お気軽にご利用ください。