離婚協議における養育費を払わない合意は有効ですか?

有効と考えられますが、実質意味のない合意になる可能性があります。


養育費とは、未成熟の子(≠未成年者)が生活するのに必要な費用であり、食費・教育費・衣服費なども含まれます。

離婚の際、養育費について話し合いをすると思いますが、通常であれば「毎月〇〇円支払う」というような取り決めがなされることが多いです。
また、養育費を支払う期間としては「18歳~22歳」に達するまで、又は「大学卒業まで」などとすることが多いと思います。


さて、この養育費ですが、未成熟の子の親権者が他方の親に対して請求するものです。

財産分与の話し合いをしている中で、この養育費について「養育費は支払わない」という合意をすることもあるかと思います。

しかし、親は子供に対して生活保持義務を負っています。
これは離婚しようがしまいが親である以上の義務です。

親が養育費の支払いをしない合意をしたところで、子供は親に対し扶養料を請求することができます。

子供は親に対して扶養料を請求する権利をもっており、この扶養を受ける権利は処分が禁止されている権利です。


離婚をする際に、親が養育費を支払わない合意をしたところで、子供は親に扶養料を請求できるので、養育費を支払わない合意は実質的に意味のない合意になるということです。

 

  1. コンビニで公的書類(住民票等や印鑑証明書等)が取得できると聞いたのですが?
  2. 【離婚】財産分与をした場合、税金は課税されますか?
  3. 【離婚】財産分与による所有権移転登記にかかる税金はどのくらいですか?
  4. 【離婚】『離婚届の提出』と『離婚協議(離婚協議書の作成)』はどちらを先にすればいいですか?
  5. 財産分与登記の際、元妻(夫)の名前や住所が変わっている場合に必要な登記は?
  6. 財産分与による所有権移転登記の必要書類
  7. 【離婚】相手が勝手にした借金も財産分与の対象になりますか?
  8. 離婚した後でも離婚協議書は作成できますか?
  9. 離婚しても婚姻中の名字のままでいることはできますか?
  10. 離婚協議における養育費を払わない合意は有効ですか?
  11. 各種書類の英訳の依頼はできますか?

お気軽にご相談ください

会社のこと、不動産のこと、相続・遺言のこと、家族信託のこと、その他お悩みのこと。

完全予約制

お電話でのご予約受付:042-850-9737(平日8:30~21:00/土日10:00~18:30)

メールでのご予約・お問合せ(24時間受付中)

土日祝日相談、早朝・夜間相談、当日相談、出張相談

無料メール法律相談24時間受付中!

メールでの無料法律相談!お気軽にご利用ください。