財産分与による所有権移転登記の必要書類

【事例】

A・Bの夫婦が離婚をして、A所有不動産をBに財産分与する場合。

 

A(財産分与する側)の必要書類

① 印鑑証明書(発効後3ヶ月以内)

② 登記済証又は登記識別情報

③ 課税明細書又は固定資産評価証明書

④ 登記原因証明情報

⑤ 登記委任状(実印を押印)

⑥ 本人確認書類(免許証・保険証など)

 

 

なお、Aの登記簿上の住所や氏名が変更している場合には、所有権移転登記の前提として当該変更登記(所有権登記名義人住所氏名変更登記)が必要になりますので、次の書類も必要になります。

 

・戸籍謄本(離婚の旨の記載のあるもの)

・住民票(氏名変更登記には本籍が記載されたものが必要)

・戸籍の附票(住所の変遷が住民票だけではわからない場合必要)

 

 

B(財産分与される側)の必要書類

① 住民票

② 登記委任状(認印で可)

③ 本人確認書類(免許証・保険証など)

 

  1. コンビニで公的書類(住民票等や印鑑証明書等)が取得できると聞いたのですが?
  2. 【離婚】財産分与をした場合、税金は課税されますか?
  3. 【離婚】財産分与による所有権移転登記にかかる税金はどのくらいですか?
  4. 【離婚】『離婚届の提出』と『離婚協議(離婚協議書の作成)』はどちらを先にすればいいですか?
  5. 財産分与登記の際、元妻(夫)の名前や住所が変わっている場合に必要な登記は?
  6. 財産分与による所有権移転登記の必要書類
  7. 【離婚】相手が勝手にした借金も財産分与の対象になりますか?
  8. 離婚した後でも離婚協議書は作成できますか?
  9. 離婚しても婚姻中の名字のままでいることはできますか?
  10. 離婚協議における養育費を払わない合意は有効ですか?
  11. 各種書類の英訳の依頼はできますか?

お気軽にご相談ください

会社のこと、不動産のこと、相続・遺言のこと、家族信託のこと、その他お悩みのこと。

完全予約制

お電話でのご予約受付:042-850-9737(平日8:30~21:00/土日10:00~18:30)

メールでのご予約・お問合せ(24時間受付中)

土日祝日相談、早朝・夜間相談、当日相談、出張相談

無料メール法律相談24時間受付中!

メールでの無料法律相談!お気軽にご利用ください。