離婚しても婚姻中の名字のままでいることはできますか?

できます。

離婚の際に称していた氏を称する旨の届出(戸籍法77条の2の届出)」を行うことで、離婚しても婚姻中の姓のままいることができます。
「離婚の際に称していた氏」とは「婚姻中に称していた氏」ということです。

 


 

・離婚をしても婚姻中の姓のまま生活がしたい

・子供もいるので、離婚して名字は旧姓に戻るのは困る

 

上記のようなお悩みを持っている方もいるかと思います。

通常、離婚をすると、婚姻によって姓を変えた者(多くは女性側)は旧姓に戻ります。
しかし、長い間、婚姻中の姓で仕事や日常生活を送っていた方は、今さら旧姓に戻るといろいろと支障が出るという方も多いと思います。

ましてや、小学生や中学生の子供がいる場合には、子供の名字が変わってしまうのも避けたいという方もいると思います。(子供の姓については、離婚によっても変わらず、母の戸籍に入る手続きを取ることで変わります。)

そのような場合には、「離婚の際に称していた氏を称する旨の届出(戸籍法77条の2の届出)」を提出することで、婚姻中の名字のままいることができます。

なお、これは離婚届と同時に出すのが効率いいですが、離婚から3か月以内であれば提出可能です。

 

  1. コンビニで公的書類(住民票等や印鑑証明書等)が取得できると聞いたのですが?
  2. 【離婚】財産分与をした場合、税金は課税されますか?
  3. 【離婚】財産分与による所有権移転登記にかかる税金はどのくらいですか?
  4. 【離婚】『離婚届の提出』と『離婚協議(離婚協議書の作成)』はどちらを先にすればいいですか?
  5. 財産分与登記の際、元妻(夫)の名前や住所が変わっている場合に必要な登記は?
  6. 財産分与による所有権移転登記の必要書類
  7. 【離婚】相手が勝手にした借金も財産分与の対象になりますか?
  8. 離婚した後でも離婚協議書は作成できますか?
  9. 離婚しても婚姻中の名字のままでいることはできますか?

お気軽にご相談ください

会社のこと、不動産のこと、相続・遺言のこと、家族信託のこと、その他お悩みのこと。

完全予約制

お電話でのご予約受付:042-850-9737(平日8:30~21:00/土日10:00~18:30)

メールでのご予約・お問合せ(24時間受付中)

土日祝日相談、早朝・夜間相談、当日相談、出張相談

無料メール法律相談24時間受付中!

メールでの無料法律相談!お気軽にご利用ください。