【離婚】相手が勝手にした借金も財産分与の対象になりますか?

どのような理由で借金をしたのかによって結論が異なります。

その借金が、家族のために必要な借金(生活費、住宅ローン、車のローン、医療費や教育費など)であれば、財産分与の対象になります。

一方、その借金が個人的な理由での借金(ギャンブル、遊興費など)であれば、財産分与の対象とはなりません。

なお、個人的な理由での借金でも、その保証人になっているような場合には、結婚していようが離婚しようが、保証人としての返済義務は残りますので、注意が必要です。

 

  1. コンビニで公的書類(住民票等や印鑑証明書等)が取得できると聞いたのですが?
  2. 【離婚】財産分与をした場合、税金は課税されますか?
  3. 【離婚】財産分与による所有権移転登記にかかる税金はどのくらいですか?
  4. 【離婚】『離婚届の提出』と『離婚協議(離婚協議書の作成)』はどちらを先にすればいいですか?
  5. 財産分与登記の際、元妻(夫)の名前や住所が変わっている場合に必要な登記は?
  6. 財産分与による所有権移転登記の必要書類
  7. 【離婚】相手が勝手にした借金も財産分与の対象になりますか?
  8. 離婚した後でも離婚協議書は作成できますか?
  9. 離婚しても婚姻中の名字のままでいることはできますか?

お気軽にご相談ください

会社のこと、不動産のこと、相続・遺言のこと、家族信託のこと、その他お悩みのこと。

完全予約制

お電話でのご予約受付:042-850-9737(平日8:30~21:00/土日10:00~18:30)

メールでのご予約・お問合せ(24時間受付中)

土日祝日相談、早朝・夜間相談、当日相談、出張相談

無料メール法律相談24時間受付中!

メールでの無料法律相談!お気軽にご利用ください。