会社設立はどの専門家に相談すればいいですか?

結論から申し上げますと、会社設立の相談は司法書士にすることがいいと考えています。

もちろん、知り合いに税理士や行政書士がいるのであればその方に相談するのでいいと思いますが、会社設立登記は司法書士しかできないので、結局は司法書士に依頼をすることになります。

司法書士は会社法にも精通しており、会社設立に関する相談から、定款等の書類作成、公証役場での定款認証、会社設立登記申請など全てをワンストップで行うことができます。

税理士や行政書士などもHPなどで会社設立の依頼を誘致していることが多くありますが、結局は司法書士に外注をする必要があります。

 

【メニュー】
会社設立と行政書士
会社設立と税理士
まとめ

 

会社設立と行政書士

行政書士は会社設立登記の前提としての定款を作成することは可能とされていますが、登記をする権限はありません。

会社設立登記は司法書士に外注するしかないのですが、行政書士のホームページではそこを隠していることが多い印象があります。
(お客様自身の名前を使用して登記申請を代行してしまうという違法行為をしている行政書士が問題視されています。)

 

司法書士であれば、会社設立に関する相談、書類作成、登記手続きを全て行うことができます。

つまり、司法書士に会社設立を依頼すればワンストップで手続きが完了します。

なお、許認可が必要な事業を行うような会社を設立しようとしている場合には、その部分について許認可専門家ある行政書士にアドバイスを求めることは当然にありますし、会社設立手続きが完了した後の、許認可手続きは行政書士にバトンタッチすることになります。




会社設立と税理士

税理士に関して言いますと、個人事業主として営業をしていた方が、税金部分との兼ね合いで法人成りを考えている等の場合、税理士に法人成りをした場合の税務のメリットやデメリットを聞くことは必要だと思います。

しかし、会社設立に関する書類作成や設立登記はやはり司法書士の専門ですので、そこは司法書士に外注することになるか、司法書士を紹介することになると思います。
(通常、相談をした税理士から登記手続きに関して司法書士を紹介してくれると思います。)

もちろん、会社設立をした後の税務のサポートは税理士の専門分野ですので、司法書士の会社設立手続きが完了した後は、税理士と顧問契約を締結して税務のサポートを受ける会社さんが多いかと思います。



まとめ

 

・会社設立について税務の相談がしたいからまずは税理士に相談に行く

・会社設立について許認可(建設業の許可など)の相談がしたいからまずは行政書士に相談に行く

  

上記のように、明確な目的があるような場合、その目的によって最初の相談するべき専門家が異なることは全く問題ないと思います。

しかし、会社設立登記の代理手続きは司法書士しかできませんので、外注する必要があることを隠して相談に応じるような専門家は少し注意が必要です。
税理士や行政書士の方から会社設立のご紹介を受けることも弊所では珍しくありません。

弊所は司法書士と行政書士との兼業ですが、誤解を恐れずに申し上げますが、やはり会社設立手続気に関して言えば司法書士がダントツで適任です。
会社設立に関する相談から書類作成、設立登記手続きを全てワンストップで行うことが可能です。

また、司法書士は、登記法はもちろんですが会社法にも精通しているので、会社設立に関する相談は司法書士にしていただければ間違いありません。 

会社設立手続きのイメージとしては、司法書士がメインで指揮を執り、必要に応じて税理士や行政書士に協力をしてもらう、というのが一番効率がいいと思います。

 

  1. 会社設立時の資本金の振込口座はネットバンクでも大丈夫ですか?
  2. 会社代表印は会社名を入れる必要がありますか?
  3. 会社設立日を誕生日である1月1日にすることは可能?
  4. 定款に定める本店所在地はどこまで記載すればいいですか?
  5. 代表者は日本に住所がないとダメですか?(外国人の会社設立) 
  6. 出資金を振込む口座は第三者の口座でも大丈夫ですか?(外国人の会社設立) 
  7. 名前を通称名で登記することは可能ですか?(外国人の会社設立)
  8. 未成年者でも会社設立できますか?
  9. 出資しないと役員(取締役や監査役)になれませんか?
  10. 資本金はちょうどの額を振込む(又は預入れる)必要がありますか?
  11. 銀行口座に払い込んだ資本金は会社設立前に使っても大丈夫ですか?
  12. 法人(会社等)は発起人になれますか?
  13. 発起人が複数人いる場合の資本金の払い込み方法
  14. 会社名義の銀行口座はいつ開設すればいいですか?
  15. 半年前や1年前に認証した定款でも会社設立はできますか?
  16. 資本金はいくらにすればいいですか?
  17. 定款認証はどこの公証役場で行えばいいですか?
  18. 会社設立時、会社の印鑑は何を作成すればいいですか?
  19. 会社設立に必要な資本金(出資金)は、どの口座に振り込めばいいですか?
  20. 会社に複数人の代表者がいる場合、会社代表印は同一の印鑑を登録できますか?
  21. 出資者や役員になる者が全員海外在住なのですが、会社設立できますか?
  22. 資本金を振り込む銀行口座は新たに開設する必要がありますか?
  23. 会社設立を自分でやる場合と依頼した場合の費用の比較
  24. 取引先に会社設立をしたことを証明するものはありますか?
  25. 会社の商号は英語表記できますか?
  26. 資本金の額がすでに銀行口座にあるのですが、そのまま使えますか?
  27. 役員の名前をローマ字表記で登記できますか?(外国人の会社設立)
  28. 会社設立の資本金の払込口座は、外国銀行でも大丈夫ですか?
  29. 会社設立の資本金の払込み先は信託銀行でも大丈夫ですか?
  30. 会社設立の出資金は外貨で支払うことはできますか?
  31. 会社設立で未成年者は発起人(出資者)になれますか?
  32. 会社設立日を土日祝日に設定できますか?
  33. タイ人の印鑑証明書・サイン証明書
  34. 中国在住の中国人の会社設立
  35. 法人(会社)が発起人の場合の定款認証における必要書類
  36. 会社の商号にスペース(空白)を入れることはできますか?
  37. 会社設立の定款認証はどこの公証役場で行えばいいですか?
  38. 会社設立の登記申請はどこの法務局にすればいいですか?
  39. 会社設立時の資本金の振込みは複数回に分けてもいい?
  40. 会社は1人で設立できますか?
  41. 外国人1人だけで会社設立できる?(外国籍外国在住)
  42. 会社設立はどの専門家に相談すればいいですか?

お気軽にご相談ください

会社のこと、不動産のこと、相続・遺言のこと、家族信託のこと、その他お悩みのこと。

完全予約制

お電話でのご予約受付:042-850-9737(平日9:30~20:00/土曜10:00~17:00)

メールでのご予約・お問合せ(24時間受付中)

土日祝日相談、早朝・夜間相談、当日相談、出張相談

無料メール法律相談24時間受付中!

メールでの無料法律相談!お気軽にご利用ください。