10.資本金はちょうどの額を振込む(又は預入れる)必要がありますか?

会社設立(株式会社・合同会社)の場合、発起人の銀行口座(※)に資本金を振り込む(又は預け入れる)必要があります。

例えば、資本金100万円の会社を設立しようとした場合、その100万円を払い込む必要があります。
では、その場合に、次のような振込み(預入れ)方法はどうなのでしょうか?

 

① 100万円以上の額を振込んでもいいのか?

問題ありません。
例えば150万円や200万円、516万円などの中途半端な額や、1000万円などの大きな金額を振り込んでも、問題ありません。
その中に資本金としての100万円があればOKです。

 

② 一括ではなく、複数回に分けて払い込んでもいいのか?

問題ありません。
例えば、上記の例のような資本金100万円の会社を設立する場合、資本金として50万円を2回や、10万円を10回など複数回に分けて資本金を振り込んでも問題ありません。

合計額が資本金の額を満たすのであればOKです。

 

 

 

※「出資金を振込む口座は第三者の口座でも大丈夫ですか?(外国人の会社設立)」もご参照ください。

 

 

お気軽にご相談ください

会社のこと、不動産のこと、相続・遺言のこと、家族信託のこと、その他お悩みのこと。

完全予約制

お電話でのご予約受付:042-850-9737(平日8:30~21:00/土日10:00~18:30)

メールでのご予約・お問合せ(24時間受付中)

土日祝日相談、早朝・夜間相談、当日相談、出張相談

無料メール法律相談24時間受付中!

メールでの無料法律相談!お気軽にご利用ください。