未成年者でも会社設立できますか?

できます。

なお、未成年者が会社設立を行う発起人になれるかどうか、会社設立後の役員になれるかどうかは別問題なので、混同しないように注意してください。
(詳しくは「未成年者は役員に就任できますか?」をご覧ください。)

 

会社設立を行う者を「発起人」と呼びますが、この発起人の資格に特段の制限は定められていません。

意思無能力者、行為無能力者又は制限行為能力者も発起人になることができます。
意思無能力者や行為無能力者は法定代理人によって代理されることで、制限行為能力者は法定代理人の同意を得ることで発起人になることが出来ます。

 

発起人は会社設立手続きにおいて、実印や印鑑証明書が必要になります。
しかし、印鑑(印鑑証明書)の登録は15歳以上でないとできません。

では、15歳未満は会社設立ができないのかというと、そうではありません。
上述したように親権者が法定代理人として代わりに発起人となり設立手続きを進めることが可能です。

また、印鑑登録ができる15歳以上の未成年者が発起人になる場合でも、発起人として単独で会社設立ができるわけではなく、「親権者の同意」が必要になります。
(民法5条により、未成年者が法律行為を行うには親権者の同意が必要とされています。)

 

上記をまとめると次のようになります。
(各公証役場によって対応が異なりますので事前に確認が必要です。)

 

15歳未満の未成年者が発起人になる場合

・親権者が法定代理人として動く

・定款認証の際の必要書類
 
戸籍謄本(親子のつながりがわかる)
 
印鑑証明書(親権者)

  定款には親権者が押印

 

15歳以上の未成年者が発起人になる場合

・親権者は未成年者の発起行為に同意する形

・定款認証の際の必要書類
 
印鑑証明書(未成年者及び親権者)
 
戸籍謄本(親子のつながりがわかる)
 
同意書(親権者)

 ※ 定款には未成年者及び親権者が押印

 

 

なお、再三申し上げますが、未成年者が役員に就任できるのかどうかは別問題になります。
詳しくは「未成年者は役員に就任できますか?」をご覧ください。

  1. 会社設立時の資本金の振込口座はネットバンクでも大丈夫ですか?
  2. 会社代表印は会社名を入れる必要がありますか?
  3. 会社設立日を誕生日である1月1日にしたいのですが、できますか?
  4. 定款に定める本店所在地はどこまで記載すればいいですか?
  5. 代表者は日本に住所がないとダメですか?(外国人の会社設立) 
  6. 出資金を振込む口座は第三者の口座でも大丈夫ですか?(外国人の会社設立) 
  7. 通称名での登記は可能ですか?(外国人の会社設立)
  8. 未成年者でも会社設立できますか?
  9. 出資しないと役員(取締役や監査役)になれませんか?
  10. 資本金はちょうどの額を振込む(又は預入れる)必要がありますか?
  11. 銀行口座に払い込んだ資本金は会社設立前に使っても大丈夫ですか?
  12. 法人(会社等)は発起人になれますか?
  13. 発起人が複数人いる場合の資本金の払い込み方法
  14. 会社名義の銀行口座はいつ開設すればいいですか?
  15. 半年前や1年前に認証した定款でも会社設立はできますか?

お気軽にご相談ください

会社のこと、不動産のこと、相続・遺言のこと、家族信託のこと、その他お悩みのこと。

完全予約制

お電話でのご予約受付:042-850-9737(平日8:30~21:00/土日10:00~18:30)

メールでのご予約・お問合せ(24時間受付中)

土日祝日相談、早朝・夜間相談、当日相談、出張相談

無料メール法律相談24時間受付中!

メールでの無料法律相談!お気軽にご利用ください。