銀行系のカードローンやクレジットカードを債務整理(任意整理)する際の注意点

銀行系のカードローンやクレジットカードについての借り入れを返済することが難しくなった時、債務整理を検討するかと思います。
しかし、通常の消費者金融の債務整理と比べると注意が必要です。

それは、「銀行口座が凍結されてしまう」ということです。

司法書士が債務整理(任意整理)を受任すると、各債権者に対して受任通知を送ります。

この受任通知とは、「債務整理の依頼を受けたから、これ以上債務者に取り立てしないでね。あと今までの取引履歴を開示してね。」という旨の書面です。


この受任通知を銀行系の債権者が受け取ると、当該銀行は債務者の口座を凍結させます。
そして、当該口座に残っている預金を全て回収していきます。

つまり、当該口座に生活費等が入っていても全て回収されてしまいますので、生活費が不足してしまう可能性があります。
また、当該口座が給与受取口座に指定してあると、給与が振り込めないという事態が生じますので、給与の振込口座を変更する必要があります。

 

いつまで口座が凍結されるか?

銀行系の債務を債務整理(任意整理)する場合には、任意整理の対象となっている銀行の口座が凍結されます。

この口座凍結期間としては、保証会社が銀行に対して代位弁済をするまで凍結されることが多いようですので、目安としては2か月前後ほどかと思います。

 

まとめ

銀行系の債務を債務整理(任意整理)する場合には、次のような注意が必要です。

① 銀行口座の預金を0にしておく

② 給与の振込口座になっている場合には変更する

③ 携帯料金等の引落口座に設定している場合には変更する

 

  1. 債務整理(任意整理・自己破産等)をしても銀行口座は作れますか?
  2. 任意整理は家族に内緒でできますか?
  3. 自己破産は家族に内緒でできますか?
  4. 借金の取り立てをストップさせることはできますか?
  5. 自己破産をすると子供に迷惑がかかりますか?
  6. 公務員でも自己破産できますか?
  7. 債務整理を依頼した後、何かすることはありますか?
  8. スマホなどの携帯電話料金の滞納分も債務整理できますか?
  9. 債務整理をするとブラックリストに載りますか?
  10. 一部の債権者だけ任意整理することは可能ですか?
  11. 車は仕事や生活上どうしても必要なのですが、車を残したまま債務整理できますか?
  12. 自己破産をすると学資保険はどうなりますか?
  13. 借金をした理由がギャンブルや浪費でも任意整理できますか?
  14. 借金を滞納し続けるとどうなりますか?
  15. 消費者金融やクレジット会社との契約書がないのですが、債務整理できますか?
  16. 任意整理をすると保証人に請求がいきますか?
  17. 借金がいくらあれば自己破産できますか?
  18. 任意整理では債権者と必ず和解できますか?
  19. 過払い金が発生しているかどうか調べてもらえますか?
  20. 【離婚】相手が勝手にした借金も財産分与の対象になりますか?
  21. 過去に完済した借金がありますが、過払い金の請求はできますか?
  22. まだ返済中でも過払い金の請求はできますか?
  23. 税金や国保、年金も債務整理できますか?
  24. 過払い金返還請求は自分でもできますか?
  25. 家族が勝手に本人の借金を債務整理できますか?
  26. 任意整理をすると取立ては止まりますか?
  27. 奨学金は任意整理できますか?
  28. 時効が成立すれば借金を返さなくてもいいですか?
  29. 家賃を滞納した場合は債務整理できますか?
  30. 借り入れをしてすぐに債務整理できますか?
  31. 債務整理をしても今使っているクレジットカードは残せますか?
  32. 銀行系のカードローンやクレジットカードを債務整理(任意整理)する際の注意点
  33. 無職(専業主婦など)でも債務整理できますか?

お気軽にご相談ください

会社のこと、不動産のこと、相続・遺言のこと、家族信託のこと、その他お悩みのこと。

完全予約制

お電話でのご予約受付:042-850-9737(平日8:30~21:00/土日10:00~18:30)

メールでのご予約・お問合せ(24時間受付中)

土日祝日相談、早朝・夜間相談、当日相談、出張相談

無料メール法律相談24時間受付中!

メールでの無料法律相談!お気軽にご利用ください。