車は仕事や生活上どうしても必要なのですが、車を残したまま債務整理できますか?

 

債務整理の方針・自動車ローンを完済しているかどうかによって結論が異なります。



債務整理をしたいけど車は残したい、というご要望はよくあるものです。
仕事や通勤、日常生活(子供の送り迎え等)で車は必須というご家庭も多くあると思います。

基本的に、自動車ローンがまだ残っている状態(返済が終わっていない状態)で、それを債務整理の対象にすると、ローン会社に車を引き上げられてしまいます。
引き上げられた車は換価手続きの上、ローンの残額に充てられます。それでもローンが完済できない場合には、その残額について債務整理をすることになります。


自動車ローンがまだ残っている状態でそのローンを債務整理の対象にすると車は引き上げられる、ということは、逆を言えば自動車ローンを債務整理の対象から外せば車は残せるということになりますね。


任意整理・自己破産・個人再生の手続きの中で、自動車ローンだけをその対象から外して、自動車ローン以外の借金を債務整理することができるのは「任意整理」だけです。
ですので、自動車ローンが残っている状態で、車は残しつつ債務整理をしたいのであれば、まずは任意整理を検討するのがいいかと思います。


但し、総債務額が多い場合には任意整理ではなく、自己破産や個人再生で進める必要も出てくることもあると思います。

自己破産や個人再生は、任意整理のように対象の債権者を選ぶことはできず、基本的には債権者全員を対象にする必要があります。
そうなると、自動車ローンも対象にしなければいけませんので、車が引き上げられてしまいます。

なお、自動車ローンを完済していれば自動車ローンを債務整理の対象にする必要はないので、自動車はそのまま所有できますが、自動車ローンは完済しているけど他の借金があって自己破産をする場合には少し注意が必要です。

自己破産の場合には、自己破産の開始のときに持っている「時価20万円を超える財産」は裁判所による換価処分の対象となるので、「査定をとって20万円を超える値がついた車」は処分されてしまいます。

つまり、自動車ローンを完済していても、所有している車が時価20万円を超える場合には、換価処分されてしまいます。

なお、東京地方裁判所管轄の運用では、普通自動車は初年度登録から6年、軽自動車は初年度登録から4年を経過していると、破産手続き上の資産価値は0としてよいとされているので、該当する車は手元に残すことができます。

 

  1. 債務整理(任意整理・自己破産等)をしても銀行口座は作れますか?
  2. 任意整理は家族に内緒でできますか?
  3. 自己破産は家族に内緒でできますか?
  4. 借金の取り立てをストップさせることはできますか?
  5. 自己破産をすると子供に迷惑がかかりますか?
  6. 公務員でも自己破産できますか?
  7. 債務整理を依頼した後、何かすることはありますか?
  8. スマホなどの携帯電話料金の滞納分も債務整理できますか?
  9. 債務整理をするとブラックリストに載りますか?
  10. 一部の債権者だけ任意整理することは可能ですか?
  11. 車は仕事や生活上どうしても必要なのですが、車を残したまま債務整理できますか?
  12. 自己破産をすると学資保険はどうなりますか?
  13. 借金をした理由がギャンブルや浪費でも任意整理できますか?
  14. 借金を滞納し続けるとどうなりますか?
  15. 消費者金融やクレジット会社との契約書がないのですが、債務整理できますか?
  16. 任意整理をすると保証人に請求がいきますか?
  17. 借金がいくらあれば自己破産できますか?
  18. 任意整理では債権者と必ず和解できますか?
  19. 過払い金が発生しているかどうか調べてもらえますか?
  20. 【離婚】相手が勝手にした借金も財産分与の対象になりますか?
  21. 過去に完済した借金がありますが、過払い金の請求はできますか?
  22. まだ返済中でも過払い金の請求はできますか?

お気軽にご相談ください

会社のこと、不動産のこと、相続・遺言のこと、家族信託のこと、その他お悩みのこと。

完全予約制

お電話でのご予約受付:042-850-9737(平日8:30~21:00/土日10:00~18:30)

メールでのご予約・お問合せ(24時間受付中)

土日祝日相談、早朝・夜間相談、当日相談、出張相談

無料メール法律相談24時間受付中!

メールでの無料法律相談!お気軽にご利用ください。