親族が後見人になる場合でも報酬を支払う必要がありますか?

法定後見制度における後見人には、司法書士や社会福祉士などの専門家だけでなく、配偶者、子ども、兄弟、甥姪などの親族も就任することが出来ます。

後見人には一定の報酬が原則として本人(被後見人)の財産から支払われることになりますが、自動的に支払われるわけではありません。

後見人が「報酬付与の申立て」を行うことによって初めて報酬が支払われることになります。

報酬額は、家庭裁判所が被後見人の経済状態、地域の物価特性などを総合的に判断して決めます。(月2万円~6万円が相場です。)

親族が後見人に就任した場合には、この「報酬付与の申立て」をしないことが多いので、その場合には親族後見人に報酬を支払う必要はありません。


なお、任意後見の場合の後見人の報酬については、当事者間の契約で定めることになります。

  1. 親族が後見人になる場合でも報酬を支払う必要がありますか?
  2. 後見人候補者がいないのですが、後見申立てできますか?

お気軽にご相談ください

会社のこと、不動産のこと、相続・遺言のこと、家族信託のこと、その他お悩みのこと。

完全予約制

お電話でのご予約受付:042-850-9737(平日8:30~21:00/土日10:00~18:30)

メールでのご予約・お問合せ(24時間受付中)

土日祝日相談、早朝・夜間相談、当日相談、出張相談

無料メール法律相談24時間受付中!

メールでの無料法律相談!お気軽にご利用ください。