取締役になれる人の条件はありますか?

取締役になれる人の条件は特に規定されていませんが、取締役になれない人は会社法で次のように定められています。

 

法人

成年被後見人・被保佐人・外国の法令上これらと同様に取り扱われている者 

会社法その他の一定の法律に関する罪を犯し、刑に処せられ、その執行を終わって(又はその執行を受けることがなくなった日)から2年を経過しない者

③に規定する法律の規定以外の法令の規定に違反し、禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者(刑の執行猶予中の者を除く。)

 

上記①~④の欠格事由に該当する者は取締役になれません。
また、現に取締役である者が上記①~④に該当すると取締役としての地位を失うことになります。

取締役としての職務は、個人的な性質のものであること、または個人に民事責任を課すことにより経営の適性を図る必要があることから、法人が取締役に就任することはその性質上適さないとされています。
また、その責任ある職務を行う能力の担保を図る必要があることからも、それに適した人物であることが要求されています。

 

ちなみに、現に監査役である者は、取締役を兼任することはできません
これは、取締役の職務を監視する役目である監査役自らが取締役を兼任することは、自ら(監査役である自分)が自ら(取締役である自分)を監視する形になり、その適正な職務を行うことが期待できないからとされています。

 

 

****関連する質問********************************
未成年者は役員になれますか?
破産者は取締役になれますか?
任意後見制度は取締役の欠格事由に該当しますか?
*************************************************
  

 

  1. 「会社法人等番号」と「法人番号」の違いはなんですか?
  2. 代表取締役(社長)を交代したんだけど、その変更登記前に新社長が契約しても大丈夫ですか?
  3. 株主リストの従業員持株会の記載方法はどうなりますか?
  4. 定款に定めた事業目的以外の事業を行うことはできますか?
  5. 定款に定める公告方法はどうすればいいですか?
  6. 未成年者は役員に就任できますか?
  7. 取締役になれる人の条件はありますか?
  8. 破産者は取締役になれますか?
  9. 任意後見制度は取締役の欠格事由に該当しますか?
  10. 定款を紛失してしまったのですが、再発行できますか?
  11. 代表取締役兼取締役の者が取締役として退任すると、代表取締役の地位も失いますか?
  12. 権利義務取締役を代表取締役に選定することはできますか?
  13. 取締役会設置会社において、代表取締役を株主総会で選定することはできますか?

お気軽にご相談ください

会社のこと、不動産のこと、相続・遺言のこと、家族信託のこと、その他お悩みのこと。

完全予約制

お電話でのご予約受付:042-850-9737(平日8:30~21:00/土日10:00~18:30)

メールでのご予約・お問合せ(24時間受付中)

土日祝日相談、早朝・夜間相談、当日相談、出張相談

無料メール法律相談24時間受付中!

メールでの無料法律相談!お気軽にご利用ください。