破産者は取締役になれますか?

取締役になれる人の条件はありますか?」にもあるとおり、破産者は取締役の欠格事由に該当しません。

では、破産手続開始決定を受けた者(自己破産をした者で復権を得てない者)を取締役に選任することはできるのでしょうか?

はい、できます

 

一方で、現に取締役である者が自己破産をすると話が違ってきます。

取締役の地位は会社との委任契約で成り立っています。
取締役は会社から取締役になるように委任されているわけです。

そして、民法では委任契約の終了事由として次の3つを定めています。

・委任者又は受任者の死亡
・委任者又は受任者が破産手続開始の決定を受けたこと
・受任者が後見開始の審判を受けたこと

 

そうです、上記のとおり破産手続開始決定を受けることで、会社と取締役の委任契約は終了します。ということは、取締役としての地位も失います。

しかし、取締役の欠格事由に「破産者」は該当していません。(「取締役になれる人の条件はありますか?」をご覧ください。)

つまり、現に取締役である者が自己破産をして取締役の地位を失っても、再度、株主総会で取締役に選任することは可能ということです。破産者を取締役に選任するかどうかの実務的な問題は置いておいて、理論上は破産者を取締役に選任することは可能ですし、法的にも問題はありません。

 

まとめますと次のようになります。

・破産者を取締役に選任することは可能

・現に取締役である者が自己破産をした場合は、一旦は取締役の地位を失うが、再度選任することで取締役に就任することが可能

 

 

 

【関連する質問】
未成年者は役員になれますか?
取締役になれる人の条件はありますか?
任意後見制度は取締役の欠格事由に該当しますか?
 

  1. 「会社法人等番号」と「法人番号」の違いはなんですか?
  2. 代表取締役(社長)を交代したんだけど、その変更登記前に新社長が契約しても大丈夫ですか?
  3. 株主リストの従業員持株会の記載方法はどうなりますか?
  4. 定款に定めた事業目的以外の事業を行うことはできますか?
  5. 定款に定める公告方法はどうすればいいですか?
  6. 未成年者は役員に就任できますか?
  7. 取締役になれる人の条件はありますか?
  8. 破産者は取締役になれますか?
  9. 任意後見制度は取締役の欠格事由に該当しますか?
  10. 定款を紛失してしまったのですが、再発行できますか?
  11. 代表取締役兼取締役の者が取締役として退任すると、代表取締役の地位も失いますか?
  12. 権利義務取締役を代表取締役に選定することはできますか?
  13. 取締役会設置会社において、代表取締役を株主総会で選定することはできますか?
  14. 会社に複数人の代表者がいる場合、会社代表印は同一の印鑑を登録できますか?

お気軽にご相談ください

会社のこと、不動産のこと、相続・遺言のこと、家族信託のこと、その他お悩みのこと。

完全予約制

お電話でのご予約受付:042-850-9737(平日8:30~21:00/土日10:00~18:30)

メールでのご予約・お問合せ(24時間受付中)

土日祝日相談、早朝・夜間相談、当日相談、出張相談

無料メール法律相談24時間受付中!

メールでの無料法律相談!お気軽にご利用ください。