登記済権利証と登記識別情報の違いはなんですか?

所有権を証明する書類としては「登記済権利証」「登記識別情報」があります。 (抵当権などの担保権を証明する書類でもあります。)

前者はよく「権利証」と省略して言います。
普段はわかりやすいように、これら2つをまとめて「権利証」と言うことが多いですが、本来「権利証」とは登記済権利証のことを指します。


登記済権利証(権利証)は簡単に言いますと赤いスタンプで押されたものです。

  イメージ

 

登記識別情報は12桁の英数字の記号です。

  イメージ


この記号が所有権を証明する大事な情報になります。

 

  

相続・売買・贈与などにより所有権を取得すると、平成18年より前は「登記済権利証」が法務局から発行されていましたが、平成18年から平成20年にかけて「登記識別情報」が発行されるようになりました。
「登記済権利証」から「登記識別情報」への世代交代が行われたのです。

まとめてみると、次のようになります。  

     ~平成18年頃 登記済権利証のみ

平成18年~平成20年頃 登記済権利証or 登記識別情報

    平成20年~現在 登記識別情報のみ

 

 

現在、所有権を取得すると法務局から交付されるのは登記識別情報のみですが、これまで交付されていた登記済権利証も引続き効力を有していますので大切に保管していてください。

ただ、もし「登記済権利証」又は「登記識別情報」を紛失した場合でも、対応策はありますのでご安心ください。

「登記済権利証」又は「登記識別情報」を紛失した場合についてはこちら

  1. 権利証(登記識別情報)を紛失してしまいました。登記できませんか?
  2. 各種書類(住民票や戸籍等)の取得先を教えてください。
  3. 不在籍証明書・不在住証明書とは何ですか?
  4. 登記済権利証と登記識別情報の違いはなんですか?
  5. 【離婚】財産分与をした場合、税金は課税されますか?
  6. 【離婚】財産分与による所有権移転登記にかかる税金はどのくらいですか?
  7. 『遺贈による所有権移転登記』の必要書類はなんですか?
  8. 【離婚】『離婚届の提出』と『離婚協議(離婚協議書の作成)』はどちらを先にすればいいですか?
  9. 『所有者の死亡(相続)』と『抵当権抹消登記』の関係

お気軽にご相談ください

会社のこと、不動産のこと、相続・遺言のこと、家族信託のこと、その他お悩みのこと。

完全予約制

お電話でのご予約受付:042-850-9737(平日8:30~21:00/土日10:00~18:30)

メールでのご予約・お問合せ(24時間受付中)

土日祝日相談、早朝・夜間相談、当日相談、出張相談

無料メール法律相談24時間受付中!

メールでの無料法律相談!お気軽にご利用ください。