登記済権利証(又は登記識別情報)が見当たらないのですが、再発行することはできますか?

権利証は再発行できません。
権利証が発行されるのは登記した時の一度だけです。

ただ、権利証を紛失したからと言って、登記ができなくなるわけではありません。
詳しくは「権利証(登記識別情報)を紛失してしまいました。登記できませんか?」をご覧ください。

 

また、ここでは権利証と記載してきましたが、正確には「登記済証」と「登記識別情報通知」の2種類があります。
昔は「登記済証」が発行されていたのですが、現在は「登記識別情報通知」が発行されるようになっています。
この2つをまとめて権利証と呼ぶことが多いです。

詳しくは「登記済権利証と登記識別情報の違いはなんですか?」をご覧ください。

  1. 権利証(登記識別情報)を紛失してしまいました。登記できませんか?
  2. 各種書類(住民票や戸籍等)の取得先を教えてください。
  3. 『相続登記』の必要書類を教えてください。
  4. 不在籍証明書・不在住証明書とは何ですか?
  5. 登記済権利証と登記識別情報の違いはなんですか?
  6. 【離婚】財産分与をした場合、税金は課税されますか?
  7. 【離婚】財産分与による所有権移転登記にかかる税金はどのくらいですか?
  8. 『遺贈による所有権移転登記』の必要書類はなんですか?
  9. 【離婚】『離婚届の提出』と『離婚協議(離婚協議書の作成)』はどちらを先にすればいいですか?
  10. 『所有者の死亡(相続)』と『抵当権抹消登記』の関係
  11. 登記済権利証(又は登記識別情報)が見当たらないのですが、再発行することはできますか?
  12. 住宅用家屋証明書とは?
  13. 相続人が一人の場合、相続登記に遺産分割協議書は必要ですか?
  14. 被相続人の最後の住所と登記簿上の住所が違う場合の相続登記
  15. 財産分与登記の際、元妻(夫)の名前や住所が変わっている場合に必要な登記は?
  16. 財産分与による所有権移転登記の必要書類

お気軽にご相談ください

会社のこと、不動産のこと、相続・遺言のこと、家族信託のこと、その他お悩みのこと。

完全予約制

お電話でのご予約受付:042-850-9737(平日8:30~21:00/土日10:00~18:30)

メールでのご予約・お問合せ(24時間受付中)

土日祝日相談、早朝・夜間相談、当日相談、出張相談

無料メール法律相談24時間受付中!

メールでの無料法律相談!お気軽にご利用ください。