受益者として指定された者の「受益者となる旨の承諾」は必要ですか?

民事信託・家族信託において、信託行為により受益者として指定された者は、当然に受益権を取得するとされています(信託法88条)。

信託行為により受益者として指定された者は、受益の意思を表示しなくても受益権を取得する、つまり、本人の意思とは無関係に当然に受益者になるということです。(※)(※2)

これは、受益者として指定された者は受益者としての利益(受益権)を享受できるので、特段その承諾を得る必要はないとされているためです。

但し、それでも受益者になるのは嫌だという者のために、受益権を放棄することも認められています(信託法99条)。

 

なお、受益権の取得については、信託行為に別段の定めを設けることも可能とされていることから、「受益権の取得については受益者となる者の同意を必要とする」というような定めも置くことができます。

また、受益者として指定された者が、その旨(受益権を取得したこと)を知らない場合には、受託者は、遅滞なく、その者にその旨を通知しなければならないとされています。

ただ、これについても別段の定めが可能とされているので、「受託者は受益者〇〇に対し、受益者となった旨を通知しないものとする」などと定めることで、受益者に知らせることなく信託を組成することが可能になります

これは、子供の将来のために子供に財産をあげたいけど、子供にはその事実はまだ隠しておきたい、というような場合などに有効な手段となります。

 

 

※ 信託契約で信託を設定する場合、委託者と受託者の2名で契約を締結することができるので、受益者の知らないところで信託を進めることも理論上可能です。(実務では「委託者兼受益者」となるパターンが多いので、受益者になったことを知らないというケースはそこまで多くないかと思います。)

※2 当事者以外の第三者には利益も不利益も与えることはできない、という一般原則の例外とされています。(民法5372項参照:第三者のためにする契約)

 

 

 

 

◆参考条文◆
信託法88条、99

  1. 信託財産責任負担債務ってなんですか?
  2. 信託契約書は公正証書で作成しなければいけませんか?
  3. 受託者として信託事務を遂行する自信がないのですが・・・?
  4. 受益者連続型信託の期間は無制限にできますか?
  5. 信託管理人ってなんですか?
  6. 信託監督人ってなんですか?
  7. 受益者代理人ってなんですか?
  8. 単独受益者権とはどのような権利ですか?
  9. 受益権と受益債権の違いは何ですか?
  10. 残余財産受益者と帰属権利者の違いは何ですか?
  11. 受益者として指定された者の「受益者となる旨の承諾」は必要ですか?
  12. 受託者に司法書士等の専門職が就任することは可能ですか?
  13. 預貯金を信託財産として信託できますか?
  14. 信託事務処理代行者とは何ですか?
  15. 家族信託を利用した場合、遺留分対策はしなくてもいいですか?
  16. 家族信託における「倒産隔離機能」とはなんですか?
  17. 委託者の年金を信託財産として設定できますか?
  18. 詐害信託とはどのような信託ですか?
  19. 「家族信託」と「遺言」はどっちが優先しますか?
  20. 信託財産に「現金」を入れる必要はありますか?
  21. 受託者には報酬を支払う必要がありますか?
  22. 家族信託にかかる税金(課税関係)について教えてください。
  23. 信託契約と遺言信託はどのように使い分ければいいですか?
  24. 未成年者は『受託者』に就任できますか?
  25. 家族信託をした場合、税務署への届出は必要ですか?
  26. 遺言信託の受託者は、自分が受託者であることをどうやって知りますか?
  27. 将来取得する予定の財産を信託財産にすることはできますか?
  28. 『指図権者』とは何ですか?
  29. 家族信託はいつどんな時に終了しますか?
  30. 信託事務を行う受託者が暴走した場合、どうすればいいですか?
  31. 信託銀行などの「遺言信託」と、家族信託における「遺言信託」は同じものですか?
  32. 受託者は『信託監督人』や『受益者代理人』になれますか?
  33. 受益者複数の場合の税務(贈与税)について教えてください。
  34. 民事信託(家族信託)と商事信託はどっちを利用すればいいですか?
  35. 委託者が破産する前に、家族信託の倒産隔離機能を利用すれば財産は守れますか?
  36. 目的信託とはどのような信託ですか?
  37. 信託財産は遺産分割協議や遺言書の対象財産となりますか?
  38. 認知症になってからでも家族信託は利用できますか?
  39. 信託開始後、受益者を変更することはできますか?
  40. 『未成年者』や『認知症』で判断能力のない者でも受益者になれますか?
  41. 受益者にとって不利な信託の変更等が行われた場合、受益者としての地位を放棄することはできますか?
  42. 受託者が死亡した場合、信託はどうなりますか?

お気軽にご相談ください

会社のこと、不動産のこと、相続・遺言のこと、家族信託のこと、その他お悩みのこと。

完全予約制

お電話でのご予約受付:042-850-9737(平日8:30~21:00/土日10:00~18:30)

メールでのご予約・お問合せ(24時間受付中)

土日祝日相談、早朝・夜間相談、当日相談、出張相談

無料メール法律相談24時間受付中!

メールでの無料法律相談!お気軽にご利用ください。