詐害信託とはどのような信託ですか?

 

詐害信託とは、委託者が債権者を害することを知ってする信託のことです。

信託法では、この詐害信託は裁判上で取り消すことができるとされています。(信託法第11条)
これは民法における詐害行為取消権()制度の特則として信託に対応させたものです。

信託においては、委託者の財産を信託財産として設定すると、当該財産は委託者の監督下から離脱(倒産隔離機能)し、受託者が受益者のために当該信託財産を管理・処分することになります。

そして、最終的には残余財産受益者・権利帰属者に給付されることが予定されているため、信託は委託者の財産を減少させる法律行為であるとも言えます。

極端な例ですが、委託者がその所有する100万円を全て信託財産として信託を設定するとなると、委託者の債権者は当該100万円をアテにすることができなくなります(実際はそんな単純ではありませんが、イメージしやすい例としてとらえて頂けると幸いです。)。

そうなると委託者に対する債権者の債権を満足させるだけの財産がなくなってしまい、債権者の利益を害するおそれがあります。

そのため、委託者が債権者を害することを知りながら信託を設定した場合には、受託者がそれを知っている(悪意)かいない(善意)かにかかわらず、債権者は受託者を被告として、信託の取り消しを裁判所に請求することができるとされています。

但し、受益者が現に存する場合において、その受益者の全部又は一部が、受益者としての指定を受けたことを知った時又は受益権を譲り受けた時において債権者を害すべき事実を知らなかったときは、当該取り消しはできません。

善意の受益者については保護しようということですね。

受益者に対する詐害行為取消請求

信託財産の取り戻し(信託法第11条4項)

詐害信託の場合、悪意の受益者が受託者から信託財産に属する財産の給付を受けたときは、債権者は、受益者を被告として、詐害行為の取消しを裁判所に請求することができます。

 

受益権の譲渡請求(信託法第11条5項)

詐害信託がされたことについて一部の受益者が善意の場合、信託の取り消しが認められません。しかし、それでは他の悪意の受益者まで信託の利益を享受してしまいます。

そこで、委託者の債権者は悪意の受益者に対して受益権を委託者に譲渡するように請求することができます。

これは善意の受益者が存在する場合には取消権を行使できないとしても、詐害信託について悪意の受益者に対しては受益権の譲渡請求をできるようにしたものです。

上記の「信託財産の取り戻し」の場合には、悪意の受益者に対して既に給付された財産の返還を請求できるとされていますが、「受益権の譲渡」では未給付の分について対応できるとされています。

 

 

民法424条(詐害行為取消権)
債権者は、債務者が債権者を害することを知ってした法律行為の取消しを裁判所に請求することができる。

 

  1. 信託財産責任負担債務ってなんですか?
  2. 信託契約書は公正証書で作成しなければいけませんか?
  3. 受託者として信託事務を遂行する自信がないのですが・・・?
  4. 受益者連続型信託の期間は無制限にできますか?
  5. 信託管理人ってなんですか?
  6. 信託監督人ってなんですか?
  7. 受益者代理人ってなんですか?
  8. 単独受益者権とはどのような権利ですか?
  9. 受益権と受益債権の違いは何ですか?
  10. 残余財産受益者と帰属権利者の違いは何ですか?
  11. 受益者として指定された者の「受益者となる旨の承諾」は必要ですか?
  12. 受託者に司法書士等の専門職が就任することは可能ですか?
  13. 預貯金を信託財産として信託できますか?
  14. 信託事務処理代行者とは何ですか?
  15. 家族信託を利用した場合、遺留分対策はしなくてもいいですか?
  16. 家族信託における「倒産隔離機能」とはなんですか?
  17. 委託者の年金を信託財産として設定できますか?
  18. 詐害信託とはどのような信託ですか?
  19. 「家族信託」と「遺言」はどっちが優先しますか?
  20. 信託財産に「現金」を入れる必要はありますか?
  21. 受託者には報酬を支払う必要がありますか?
  22. 家族信託にかかる税金(課税関係)について教えてください。
  23. 信託契約と遺言信託はどのように使い分ければいいですか?
  24. 未成年者は『受託者』に就任できますか?
  25. 家族信託をした場合、税務署への届出は必要ですか?
  26. 遺言信託の受託者は、自分が受託者であることをどうやって知りますか?
  27. 将来取得する予定の財産を信託財産にすることはできますか?
  28. 『指図権者』とは何ですか?
  29. 家族信託はいつどんな時に終了しますか?
  30. 信託事務を行う受託者が暴走した場合、どうすればいいですか?
  31. 信託銀行などの「遺言信託」と、家族信託における「遺言信託」は同じものですか?
  32. 受託者は『信託監督人』や『受益者代理人』になれますか?
  33. 受益者複数の場合の税務(贈与税)について教えてください。
  34. 民事信託(家族信託)と商事信託はどっちを利用すればいいですか?
  35. 委託者が破産する前に、家族信託の倒産隔離機能を利用すれば財産は守れますか?
  36. 目的信託とはどのような信託ですか?
  37. 信託財産は遺産分割協議や遺言書の対象財産となりますか?
  38. 認知症になってからでも家族信託は利用できますか?
  39. 信託開始後、受益者を変更することはできますか?
  40. 『未成年者』や『認知症』で判断能力のない者でも受益者になれますか?
  41. 受益者にとって不利な信託の変更等が行われた場合、受益者としての地位を放棄することはできますか?

お気軽にご相談ください

会社のこと、不動産のこと、相続・遺言のこと、家族信託のこと、その他お悩みのこと。

完全予約制

お電話でのご予約受付:042-850-9737(平日8:30~21:00/土日10:00~18:30)

メールでのご予約・お問合せ(24時間受付中)

土日祝日相談、早朝・夜間相談、当日相談、出張相談

無料メール法律相談24時間受付中!

メールでの無料法律相談!お気軽にご利用ください。