目的信託とはどのような信託ですか?

目的信託とは、受益者の定めのない(受益者を定める方法の定めがないないものも含む)信託のことで、ある特定の目的を達成することを目的とした信託を言います。

実務的にはそう多くない信託になるかと思います。

 

設定方法

信託契約」又は「遺言信託」による方法によってすることができるとされていますが、「自己信託(信託宣言)」による方法ではできません。

信託契約による場合には、委託者が受託者の監督等を行うとされています。
また、遺言信託による場合には、信託管理人の設置が義務付けられ、当該信託管理人が受託者を監督等することとされています。

しかし、目的信託において、委託者と受託者が一致する自己信託の場合だと、受託者の信託事務を監督する者がいなくなってしまうため、自己信託では目的信託を設定できないとされています。

 

存続期間

目的信託の存続期間は20年を超えることはできません

目的信託を認めると、財産が流通から隔絶され、処分できる受益権も存在せず、経済的な停滞を招く恐れがあるため、20年という期間を超えることはできないとされています。

 

受託者の制限

目的信託では、学術・技芸・慈善・祭祀・宗教その他公益を目的とするものを除いて、当面の期間は、政令で定める下記法人以外の者は受託者になることができないとされています。

① 国
② 地方公共団体
③ 一定の要件(※)を満たした法人

※ 純資産額が5,000万円以上・取締役等で5年以内に禁固刑を受けた者や暴力団員であった者がいないこと等

 

目的信託の活用例

・町内会のお祭り等の催しもののために必要な給付を目的とする信託

・自分の死後のペットの飼育(食事・医療等)を目的とする信託

・大学における研究費用のために資金を供与することを目的とした信託

・地域の福祉・介護・防犯等の環境整備の支援を目的とする信託

など

 

まとめ

目的信託に関しては、いまだに多くの議論が交わされています。

例えば、ペットのための目的信託においては、わざわざ目的信託という方法を取らずに、通常の信託(世話をしてくれる人を受益者とする等)で対応できるのではないか、ということや、目的信託が設定されることで、委託者の債権者は差し押さえるべき受益権すらも存在しない状況に立たされ、委託者は自己の財産を隔離させた状態に置くなどして信託の悪用をすることなども考えられるとされています。

また、目的信託では、上記を含むその他の弊害を考慮し、一定の制限を加えています

信託の変更によって受益者の定めを設けることはできないですし、上述した期間制限もそうですし、受託者になれる者が制限されていることも制限の一つです。

 

  1. 信託財産責任負担債務ってなんですか?
  2. 信託契約書は公正証書で作成しなければいけませんか?
  3. 受託者として信託事務を遂行する自信がないのですが・・・?
  4. 受益者連続型信託の期間は無制限にできますか?
  5. 信託管理人ってなんですか?
  6. 信託監督人ってなんですか?
  7. 受益者代理人ってなんですか?
  8. 単独受益者権とはどのような権利ですか?
  9. 受益権と受益債権の違いは何ですか?
  10. 残余財産受益者と帰属権利者の違いは何ですか?
  11. 受益者として指定された者の「受益者となる旨の承諾」は必要ですか?
  12. 受託者に司法書士等の専門職が就任することは可能ですか?
  13. 預貯金を信託財産として信託できますか?
  14. 信託事務処理代行者とは何ですか?
  15. 家族信託を利用した場合、遺留分対策はしなくてもいいですか?
  16. 家族信託における「倒産隔離機能」とはなんですか?
  17. 委託者の年金を信託財産として設定できますか?
  18. 詐害信託とはどのような信託ですか?
  19. 「家族信託」と「遺言」はどっちが優先しますか?
  20. 信託財産に「現金」を入れる必要はありますか?
  21. 受託者には報酬を支払う必要がありますか?
  22. 家族信託にかかる税金(課税関係)について教えてください。
  23. 信託契約と遺言信託はどのように使い分ければいいですか?
  24. 未成年者は『受託者』に就任できますか?
  25. 家族信託をした場合、税務署への届出は必要ですか?
  26. 遺言信託の受託者は、自分が受託者であることをどうやって知りますか?
  27. 将来取得する予定の財産を信託財産にすることはできますか?
  28. 『指図権者』とは何ですか?
  29. 家族信託はいつどんな時に終了しますか?
  30. 信託事務を行う受託者が暴走した場合、どうすればいいですか?
  31. 信託銀行などの「遺言信託」と、家族信託における「遺言信託」は同じものですか?
  32. 受託者は『信託監督人』や『受益者代理人』になれますか?
  33. 受益者複数の場合の税務(贈与税)について教えてください。
  34. 民事信託(家族信託)と商事信託はどっちを利用すればいいですか?
  35. 委託者が破産する前に、家族信託の倒産隔離機能を利用すれば財産は守れますか?
  36. 目的信託とはどのような信託ですか?
  37. 信託財産は遺産分割協議や遺言書の対象財産となりますか?
  38. 認知症になってからでも家族信託は利用できますか?
  39. 信託開始後、受益者を変更することはできますか?
  40. 『未成年者』や『認知症』で判断能力のない者でも受益者になれますか?
  41. 受益者にとって不利な信託の変更等が行われた場合、受益者として対抗する方法はありますか?
  42. 受託者が死亡した場合、信託はどうなりますか?
  43. 委託者が死亡した場合、委託者の地位は相続されますか?
  44. 受託者が借り入れをした債務は、債務控除できますか?
  45. 受託者が判断能力の低下(認知症等)や病気になった場合、信託はどうなりますか?
  46. 家族信託(民事信託)では、全ての財産を信託しなければいけないですか?
  47. 受託者を法人にするメリットは何ですか?
  48. 一般社団法人と株式会社はどちらが受託者に適していますか?
  49. 資産家やお金持ちじゃないと家族信託は利用できないですか?

お気軽にご相談ください

会社のこと、不動産のこと、相続・遺言のこと、家族信託のこと、その他お悩みのこと。

完全予約制

お電話でのご予約受付:042-850-9737(平日8:30~21:00/土日10:00~18:30)

メールでのご予約・お問合せ(24時間受付中)

土日祝日相談、早朝・夜間相談、当日相談、出張相談

無料メール法律相談24時間受付中!

メールでの無料法律相談!お気軽にご利用ください。