受託者が判断能力の低下(認知症等)や病気になった場合、信託はどうなりますか?

信託法では、受託者の任務終了事由として次のように定められています。

(受託者の任務の終了事由)
信託法第56条 一部抜粋
・受託者である個人が後見開始又は保佐開始の審判を受けた場合
・受託者が辞任した場合
・受託者が解任された場合
・信託行為において定めた事由が生じた場合

 

 

信託事務を行う受託者の判断能力が低下(認知症等)し、後見開始の審判を受けた場合は、受託者の任務は終了します。

受託者は家族信託において重要な役目を負っています。
基本的には、信託目的に従い受託者の裁量で信託財産の管理や処分をするわけですから、受託者は正常な判断能力・意思能力を有していなければ務まりません。

なお、受託者の判断能力が低下(認知症等)した場合やその他の病気に罹患した場合に、まだ後見開始または保佐開始の審判がなされていない場合には、受託者の任務は終了しません。

しかし、それでは信託事務を正常に行うことができず、信託事務の停滞を招いてしまうので、受託者が自ら辞任することや、受託者を解任させること、または信託行為において受託者のそのような事態を想定した規定をあらかじめ設けておく必要があります。

 

後継の受託者がいないと信託は終了する!?

受託者の任務が上記のような理由で終了した場合、信託を続けるには次の後継受託者が必要になります。

信託行為においてあらかじめ後継受託者が誰になるかを定めることもできますし、後継受託者の指定方法を定めておくこともできます。
また、利害関係人の申立てにより裁判所が後継受託者を選任することもできます。

しかし、信託行為によって指定していた受託者がその就任を拒否した場合や、事後的に受託者がなかなか選任できない場合など、受託者が存在しない状態が1年間続くと信託は強制終了してしまいます。

(信託の終了事由)
信託法第163条 一部抜粋
三、受託者が欠けた場合であって、新受託者が就任しない状態が1年間継続したとき

 

なので、家族信託では、もしすでに後継受託者の候補者がいるのであれば、信託設定時においてその旨定めて置き、その者に説明をして事前の了解を取っておくことがベターかと思います。

しかし、後継受託者が見つからない場合もあると思いますので、そのような場合には、受託者を法人(一般社団法人等)にする等の対応策も検討してもいいかもしれません。

 

  1. 信託財産責任負担債務ってなんですか?
  2. 信託契約書は公正証書で作成しなければいけませんか?
  3. 受託者として信託事務を遂行する自信がないのですが・・・?
  4. 受益者連続型信託の期間は無制限にできますか?
  5. 信託管理人ってなんですか?
  6. 信託監督人ってなんですか?
  7. 受益者代理人ってなんですか?
  8. 単独受益者権とはどのような権利ですか?
  9. 受益権と受益債権の違いは何ですか?
  10. 残余財産受益者と帰属権利者の違いは何ですか?
  11. 受益者として指定された者の「受益者となる旨の承諾」は必要ですか?
  12. 受託者に司法書士等の専門職が就任することは可能ですか?
  13. 預貯金を信託財産として信託できますか?
  14. 信託事務処理代行者とは何ですか?
  15. 家族信託を利用した場合、遺留分対策はしなくてもいいですか?
  16. 家族信託における「倒産隔離機能」とはなんですか?
  17. 委託者の年金を信託財産として設定できますか?
  18. 詐害信託とはどのような信託ですか?
  19. 「家族信託」と「遺言」はどっちが優先しますか?
  20. 信託財産に「現金」を入れる必要はありますか?
  21. 受託者には報酬を支払う必要がありますか?
  22. 家族信託にかかる税金(課税関係)について教えてください。
  23. 信託契約と遺言信託はどのように使い分ければいいですか?
  24. 未成年者は『受託者』に就任できますか?
  25. 家族信託をした場合、税務署への届出は必要ですか?
  26. 遺言信託の受託者は、自分が受託者であることをどうやって知りますか?
  27. 将来取得する予定の財産を信託財産にすることはできますか?
  28. 『指図権者』とは何ですか?
  29. 家族信託はいつどんな時に終了しますか?
  30. 信託事務を行う受託者が暴走した場合、どうすればいいですか?
  31. 信託銀行などの「遺言信託」と、家族信託における「遺言信託」は同じものですか?
  32. 受託者は『信託監督人』や『受益者代理人』になれますか?
  33. 受益者複数の場合の税務(贈与税)について教えてください。
  34. 民事信託(家族信託)と商事信託はどっちを利用すればいいですか?
  35. 委託者が破産する前に、家族信託の倒産隔離機能を利用すれば財産は守れますか?
  36. 目的信託とはどのような信託ですか?
  37. 信託財産は遺産分割協議や遺言書の対象財産となりますか?
  38. 認知症になってからでも家族信託は利用できますか?
  39. 信託開始後、受益者を変更することはできますか?
  40. 『未成年者』や『認知症』で判断能力のない者でも受益者になれますか?
  41. 受益者にとって不利な信託の変更等が行われた場合、受益者として対抗する方法はありますか?
  42. 受託者が死亡した場合、信託はどうなりますか?
  43. 委託者が死亡した場合、委託者の地位は相続されますか?
  44. 受託者が借り入れをした債務は、債務控除できますか?
  45. 受託者が判断能力の低下(認知症等)や病気になった場合、信託はどうなりますか?
  46. 家族信託(民事信託)では、全ての財産を信託しなければいけないですか?
  47. 受託者を法人にするメリットは何ですか?
  48. 一般社団法人と株式会社はどちらが受託者に適していますか?
  49. 資産家やお金持ちじゃないと家族信託は利用できないですか?
  50. 遺言代用信託とは?

お気軽にご相談ください

会社のこと、不動産のこと、相続・遺言のこと、家族信託のこと、その他お悩みのこと。

完全予約制

お電話でのご予約受付:042-850-9737(平日8:30~21:00/土日10:00~18:30)

メールでのご予約・お問合せ(24時間受付中)

土日祝日相談、早朝・夜間相談、当日相談、出張相談

無料メール法律相談24時間受付中!

メールでの無料法律相談!お気軽にご利用ください。